stylesheet

CSSの疑似要素でSVGを使うメモ

CSSの疑似要素でSVGを使う方法を毎回検索してしまうので自分用に覚書。

li::before {
    content: '';
    display: inline-block;
    width: 1em;
    height: 1em;
    background-image: url("data:image/svg+xml,%3Csvg xmlns='http://www.w3.org/2000/svg' fill='%23ffffff' viewBox='0 0 16 16'%3E%3Cpath d='M12.736 3.97a.733.733 0 0 1 1.047 0c.286.289.29.756.01 1.05L7.88 12.01a.733.733 0 0 1-1.065.02L3.217 8.384a.757.757 0 0 1 0-1.06.733.733 0 0 1 1.047 0l3.052 3.093 5.4-6.425a.247.247 0 0 1 .02-.022Z'/%3E%3C/svg%3E");
    background-repeat: no-repeat;
    background-size: contain;
    background-position: center;
}

これでチェックマークのアイコンがbefore属性に表示される。
fill='%23ffffff'はカラーコード。今回は白色で表示するようにしています。

  • この記事を書いた人

ゆず

忘れないように自分の覚書と、誰かも困っているかもしれないので参考になればいいなくらいの軽い備忘録です。
ko-fi / giftee / mail

-stylesheet