第39回concrete5 名古屋ユーザーグループ勉強会

   

天気がいいので中日の秋キャンプ見に行くか~と思い立って名古屋行ったらなんと名古屋ユーザーグループ勉強会でキャンセルが出たという情報が!!!

行くしかない、と突撃してきました。
初めての名古屋勉強会です^^

お品書きとしてはアメリカ(ポートランド・ロサンゼルス)旅行記とエンタープライズアドオン紹介、そして5.7情報をいろいろ聞いてきました。

アメリカ旅行はお写真をいろいろみせてもらいながら、concrete5情報はじめ他にも向こうで行われてたイベントだったりコワーキング状況だったり他CMSの市場調査だったり
いろいろお話していただきました!
あと職場にビールサーバーがあるのにめっちゃ食いつきました。笑

それからエンタープライズアドオン紹介。
エンタープライズ向けはあんまり万人受けしないとお話されていましたが(金額が目玉が飛び出そうなくらいです笑)、実際に動かしてもらいながら見るとこれはいいなぁと実感できました。
今回紹介いただいたのは
・HTML Exporter
・CDAM
・Workflow
・internationalization
の4つです。

ざっくりとメモってた部分を紹介すると(覚書程度なのでこれだけでは実感し辛いと思いますすみません!)

【HTML Exporter】
HTMLファイルを他の場所にエクスポートする
通常はjobで操作する(jobセット)
・セキュリティに心配な人、企業、サイトにぴったり
・Movabletypeのようなイメージ(再構築?)
・ホワイトリスト・ブロックリスト設定可能
・静的HTMLサイト運用に最適

【CDAM】
CDAMをもとに設計・制作・feed対応
会社の製品を管理、テンプレートにあてはめて製品情報を公開している
データベース検索のような
CDAMを使って、ニュース配信、PDF化、多言語対応、出力設定(これによりニュースサイトやマガジンなどもできる)
大量のデジタルデータの管理、
ライセンスの契約は1インストール

CDAMは大量データを取り扱うのに最適なので、やはり気になるのはインポート方法。
CSV対応してる?という質問もありました。
残念ながらCSV対応は予定ないそうです。

【Workflow】
・ワークフローに送信 上司にOKをもらうためのツール
・承認ワークフローをマルチステップで/※デフォルトは1段階しかない
・またステップごとに権限を変えることができたり
・ステップをすすめるごと、承認が却下された場合の詳細その他もろもろを設定できる

【internationalization】
多言語サイト
・internationaliアドオン(フリー)版は各言語の下に同じページの違う言語ページを作る
・相関関係を記録して、各言語の
・メインの言語で一通りつくって、セットアップして、コピーして、各言語のページ制作をつめる
有料版は一画面内で見比べながら一括で翻訳できるキャットスクリーン
自動翻訳のサービス、
自動単語登録などなど

ひとつの画面でいろんな言語のページを見比べながら制作できるキャットスクリーンは便利そうですね!

concrete5 5.7情報もお話いただきました。
まず5.6との互換性ですが5.6からのアップデートはできないけれど、5.6のサポートは最低1年はやるそうです。
また今後の5.6は機能追加は予定なく、バグなどのサポートになるそうです。
これからスタートするなら5.6と5.7はどちらがいいかという話もありました。
アドオンはまだまだ5.7対応が少ないので、アドオンを購入する予定のない案件は5.7でスタートしてもいいということでした!

いろんなお話が聞けて楽しかったです!
次回は事例紹介ということでしたので私もちょこっとお話します。
とりあえず来月は入口で転ばないことを目標にしようと思いました・・・。ヒザめっちゃ痛い!!!笑

0

 - concrete5