Googleタグマネージャーのクリックトラッキングの設定方法

      2017/02/21

1 つのタグを使ってクリック トラッキングを設定する

上記のタグマネージャーの使い方のページを参考に、クリックトラッキングの設定を行うメモ。

事前準備

予めGoogleタグマネージャーの登録を済ませておく。

変数の設定

「変数」をクリックする。

組み込み変数の「設定」をクリックし、「クリック」の項目内から「Click URL」(と「Click Classes」「Click ID」も一応追加)にチェックをいれる。

と、設定の一覧の中に今チェックをしたものが追加される。

トリガーの設定

「トリガー」をクリックして「新規」をクリックする。

タイプを選択する

「トリガーの設定」をクリックして

「クリック」内の「リンクのみ」をクリックする。

詳細を設定する

 

  • タグの配信を待つ: オン
  • 待ち時間の上限: 「2000」ミリ秒など適切な時間を入力
  • 検証をチェック: オフ(妥当性に変わっている)
  • 有効化のタイミング: 「Click Click Classes」「含む」「reserve」
    (今回はクラスの設定にした)
  • 配信するタイミング: すべてのクリック

名前の保存

このトリガーを「GA - トリガー - ナビのクリック」という名前で保存します。

タグの作成

左メニューの「タグ」をクリックして、「新規」をクリックする。

「タグの設定」をクリックして、「タグタイプ」の中から「ユニバーサルアナリティクス」を選択する。

  • トラッキング ID を入力
  • トラッキング タイプ: イベント
  • カテゴリ: ナビ
  • アクション: クリック
  • ラベル: {{Click URL}}

トリガーの設定

このタグにトリガーで先ほど作ったナビを選択する。

名前を保存する

 

「GA - イベントタグ - ナビのクリック」という名前で保存する。

公開する

 

「公開」をクリックする。

バージョンの設定で名前と説明を入力して再度「公開」をクリックする。

0

 - Webサービス