Zend Frameworkをローカルで動かしてみるメモ

   

zend1
何かいいPHPフレームワークはないかといろいろ探しているところ(現在進行形)で、その中のひとつとしてZend Frameworkを試してみようかなと。
そんなZend Frameworkをローカルで動かすまでの覚書です。(すでにXAMPPは設置済み。)
参考ページはXAMPPにZend Frameworkを導入です。感謝!

ダウンロード

Latest Releasesからダウンロードする。
今回ははじめてなので、Full Packageをダウンロードしてみる。
Zendアカウントが必要だといわれる。ので登録。
余談だけどgmailを入力したら「このメアドすでにこのアカウント登録されてっから!」と言われる…たしかにパスワードいれたらログインできたわ…いつ登録した私…。

ライブラリの配置

zend2
ログインするとダウンロードがはじまります。ダウンロードできたら解凍し、そのフォルダ内からlibraryフォルダとその中身をごっそりxampp\php内にいれます

パスを通す

xampp\phpフォルダ内にあるphp.iniを開き、Zend Frameworkのパスを記述する。

include_path = ".;C:\xampp\php\PEAR"
↓
include_path = ".;C:\xampp\php\library;C:\xampp\php\PEAR"

※優先的に読み込ませるよう、xamppのPEAR内にあるC:\xampp\php\PEARよりも先に記述する必要があるそうです。

httpd.confの設定

C:\xampp\apache\conf\httpd.confを開いて、mod_rewriteを設定します。

#LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so
↓
LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so(先頭のシャープをとる)

php.iniを変更したので、 Apacheを再起動します。

Webアプリケーションのルートの設定

zfフォルダ(実際にアプリを動かすフォルダ…という解釈でよろしいか?…です)をxampp\htdocs内に設置し、その中に.htaccessを設置します。

RewriteEngine on
RewriteBase /zf
RewriteRule !\.(js|ico|gif|jpg|png|css)$ index.php

RewriteEngine を使って、/zf 配下の JavaScript・画像・CSS 以外のリクエストは全部 index.php に誘導させるよ。ということです。
参考:XAMPPにZend Frameworkを導入

Hello, Zend Framework!

index.phpのファイルを作ってHello, Zend Framework!を表示させます。

<?php
    require_once 'Zend/Version.php';
    echo 'Hello, Zend Framework! Ver ' . Zend_Version::VERSION;

PHPコードのみからなるファイルでは、終了タグ ("?>") は決して含めてはいけません。
コーディングスタイルより

これ覚えておかなきゃメモメモ。あといろいろ規約があるそうです。

http://localhost/zf/index.phpにアクセスしてHello, Zend Framework!が表示されるかチェック!
zend3
うまくいくとHello, Zend Framework!とインストールしたZendバージョンが表示されます。

今回パスが通ったかのチェックも兼ねてだったのでMVCの登場はありませんでした。

 - Zend