メルマガ配信のできるプラグインSubscribe2を使ってみる

   

Subscribe2を試したので覚書。

プラグインのインストール

プラグインのダウンロード→Subscribe2

日本語化する→Subscribe2 日本語化ファイル配布ページ
解凍して中にある「subscribe2-ja.mo」と「subscribe2-ja.po」をwp-content/languages/plugins/のフォルダにアップロードします。

設定

ウィジェットの設定

「外観」-「ウィジェット」でサイドにメルマガ登録フォームを設ける。

ウィジェットを追加した画面↓

ログインしていると下記メッセージがでるみたいです。

You may manage your subscription options from your profile

この場合ログアウトすれば通常のフォームが表示されます。

ここからメールアドレスを入力して、「登録する」ボタンをクリックするとメールが飛んできます。
飛んできたメール内のリンクをクリック。
(ここの認証メールの文章、雛形もインストールした後は英語なんですけど、管理画面から任意に変更できます)


登録完了します。

登録したメルマガ読者の管理


登録したメールアドレスはメルマガ読者としてSubscribe2の画面で一覧で表示されます。ここから手動でメルマガ読者を追加することもできます。またcsvでエクスポートもできるのでとても便利。
メールを登録した後、飛んできたメールのリンクページにアクセスしないと登録が完了しません。
登録が完了していないメールアドレスは赤く表示されるようです。

Subscribe2の設定

通知設定


メール形式、購読カテゴリの設定、投稿者別購読の設定ができる。
(購読カテゴリは「特定のカテゴリの記事が更新された場合のみ通知を送る」という設定ができるということです。その場合は「カテゴリーが新しく追加されたら自動的に購読する」のラジオボタンを「いいえ」にしておくのがベターですね)
カスタム投稿のタクソノミーはどうか?と思って試したけどできませんでした。

設定

Subscribe2の各種設定ができる。
・メール通知設定(メールを送信するにあたっての設定)
・メールテンプレート(読者登録通知メールの文章や更新案内メールの文章の変更もここで行う)
・WPユーザー(WP内に登録されているユーザー宛にメールを送信することができるみたいです。今回は未使用)
・外観
・その他設定(設定のリセットボタンもここ)

メール送信

ダッシュボード内のSubscribe2からメールを送信することができる。記事を更新したら、ではなく随時送りたい場合などに使用できそう。

0

 - WordPress