xoopsで仮想パス

   

picoを使用すると仮想パスでURLの表示をcategori0001とかcontents0001とかではなく自分で好きな名前にできる(例:http://example.com/module/pico/●●●/about.htmlみたいな)

picoでの仮想パスを参考に。

1.pico管理画面で設定変更
wrapsモードを有効にする、mod_rewriteモードを有効にする ともに はい にしてください。
2..htaccessの設定
今回はモジュールディレクトリの下に直接html名称を表示させたいので「.htaccess.rewrite_wraps ファイルを .htaccess にリネーム」します。
3.コンテンツの入力と表示
1.2.を行った後、picoの入力画面で「仮想パス」欄に表示させたいhtml名を書きます。
(picoでの仮想パスより引用)

フォルダネームもファイルネームも/about.html、のように必ずファイル名の前にスラッシュが必要。
(test.htmlって表示させたいのにest.htmlになってページが404エラー表示される、なんてこともありました。)

0

 - xoops