備忘録。そのときそのときに勉強しているもののメモ

immature

Concrete CMS(concrete5)

ExchangeCore reCAPTCHAアドオンを使用する

更新日:

フォームブロックで作成したお問い合せフォームにスパムが大量に届くようになったので、ExchangeCore reCAPTCHAアドオンを使用してスパム対策しようとする覚書。

事前準備

GoogleのreCAPTCHAの設定を済ませ、サイトキーとシークレットキーを取得しておきます。
(※cocrete5 5.8.2にv3を追加しようと思ったら「サイト所有者の確認が必要なエラー: キータイプが無効です」と表示されたのでv3はそれ以上のバージョンかまだ対応してないかどっちかかもしれません…。とりあえずv2にして様子見してます。WPの場合、コンタクトフォームのプラグインのバージョンが低いと該当メッセージがでるようです。)

concrete5の設定

インストールする

Captchaの変更・設定


「システムと設定」-「権限とアクセス」-「Captcha設定」をクリックする。
アドオンをインストールすると、有効なCaptchaというプルダウンメニューの中に「reCAPTCHA」の項目が追加されるので選択する。

Site Key/Secret KeyにそれぞれGoogleのreCAPTCHAのサイトキーとシークレットキーを入力します。
テーマはそのままでよろしいかと。
言語が選べるので「Japanese」にしておこう。

Captcha設定が保存されました。

ブロック側


迷惑メール対策のCAPTCHA機能を使用しますか? …「はい」にする

ところでスパムコントロールってなんやねん。

管理画面にあるスパムコントロールって何だろう…コメントの禁止ワードが追加できるようなことできないかな?

reCAPTCHAエラー

reCAPTCHAに接続することができません。ネットワーク接続をご確認のうえ、もう一度お試しください。と表示される。

レガシーフォームのreCAPTCHAがエラーになります
キャッシュ周りを見直したら改善した。

-Concrete CMS(concrete5)
-,

Copyright© immature , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.